海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第4弾>

15 6月

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てています。

今回は「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」第4弾!

今回の第4弾は、千葉県浦安市「Sea Magic」のスタッフ 吉田 麻莉さん(PADI IDCスタッフインストラクター)を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉田さんは2歳からバレエとダンスを始め、運命的なタイミングでダイビングと出逢いました。ダンサー時代に磨いた笑顔で、毎日が幸せいっぱい。「元気パワー ナンバーワン」の名を持つ、妖精ティンカーベルの様なPADI女性インストラクターです。

 

  • ダイビング業界で働く動機・キッカケは?

26歳の時、伊豆でオープンウォーターダイバーの認定を受けました。当時は浦安の某大手テーマパークダンサーの仕事をしており、海をテーマにした舞台で「海の妖精」や「伝説の生き物」という日々の中、同期に誘われて現実のダイビングを始めました。

「海の魔法」に魅了され「あちらの海の世界」から半年後には転職していました。

25年間、踊り続けダンス業界で生きてきたので、ダイビングに関する経験や知識は全く無し!という状態でスクーバダイビングの世界へ飛び込みました。

「一生涯続けられる仕事がしたい」という思いが以前から強くあり、その思いと共に履歴書を持ちオーナーのところへ行きました。

勢い任せの私を雇ってくれたオーナーの勇気には、とても感謝しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(私が入社した年に最優秀賞をいただきました。写真を見て前列向かって右から2番目です)

 

  • 転職後の一番の変化

驚くほど健康的になりました!

①アニマルシスターズ (3)

(アニマル シスターズ)

朝日と共に目覚め、潜って程よく身体を動かし、よく食べ、よく眠る!

ダイバーは自然と共に活動しているので、とても健康的だと思います。

潜ると細胞が活性化され、代謝も上がり…良いことばかり!

ダイバーって本当によく食べよく飲む人が多く、初めの頃は食のボリュームにも驚きました(笑)

前職の頃は体系維持のために無理なダイエットをしたり、昼間はショーに出演し、夜中にリハーサルをするという生活でしたので、自然のサイクルと歩む心地よさを実感しています。

それに、代謝が上がっているダイビング中はいくら食べても太らないから女性にも嬉しいですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(現在は「海」が舞台!)

 

  • PADI IEについて

当店には、当時の私と同じようにインストラクターを目指すゲストダイバーの方が多くいらっしゃり、IDC・IE共に同期と楽しみながら進むことができました。

IE本番の前には「プレIE」として、実際と同じ会場で練習したりもしました。

オーディションを受けたり舞台に立ったりという25年間を過ごしてきたので、オーディションであり舞台でもあるIEはただただ「楽しんで成果を発揮できた」という印象があります。

合格するかどうかという不安はありませんでしたが、実際に合格しインストラクターとなってからの方が不安がたくさんありました。

新たな舞台へ進み、出来ることや出来る様になりたいことが大きくなり、そしてそれに伴う責任も大きくなるような気がしたからです。

それでも一歩一歩、着実に経験を積ませてもらい、今は不安に思うことにも価値を感じています。

IE同期とは、今でもIDCの思い出話で笑いながら語り合い、基準や知識に関することや、実際の現場での熱いディスカッションを通し、お互いを高めあっています。

③船上で一致団結 (3)

(船上にて一致団結!)

 

  • PADIインストラクターとしての仕事のやりがいは何ですか?

②石垣島ツアーにて (3)

(石垣島ツアーにてお客様と記念写真)

やりがいは毎日感じていますが、何より水中でゲストの瞳がキラリと輝いた瞬間はとても嬉しく思います。

美しい光景を見て感動したり、出来なかったことが出来るようになったり、ダイバーになれたり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(お客様から元気を貰っています)

瞳が輝く瞬間は様々ですが、その瞬間を共有することができると、やはり「ダイビングインストラクターになって良かった!」と思います。

言葉がかわせない水中世界で、全心の想いを込めて踊る様にゲストとコミュニケーションをとるのも、とても楽しく大好きな時間です。

⑦講習中も笑顔が絶えません (3)

(講習中も笑顔が絶えません)

 

  • 女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

ズバリ「力」と「寒さ」です。

力に関しては、20代の頃はシリンダー1本持つことすら精一杯で、ダイビング器材入りのキャスターにはぶんぶん振り回されている位でした(笑)

バレエダンサーとしての体型を維持していた頃のヒョロヒョロピヨピヨの私にとっては大変なことだったのだと思います(笑)

ただ、力の面では男性には及ばないことは明らかです。

水中世界という大自然の前では、何も着飾れないのと同じように、陸上でも、できないことも素直に受け入れて、頼れる人を頼るようにしています。

冷え性は女性に多いというイメージがありますが、私も以前から極度の冷え性でした。

真冬にはドライスーツ専用インナーを重ね着したり「冷えに関しては吉田麻莉に聞け」というくらい、ありとあらゆる防寒対策を試しました(笑)

ただ、今は、代謝が上がったのか、防寒対策が功を奏したのか、当時よりも格段に冷えを感じなくなっています。

「ダイビングは代謝が上がる」ということを体感し、何事も続けるということは最も大切だと実感しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(嬉しい瞬間)

 

  • これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

この仕事を始めようと思ったきっかけの一つに「一生涯続けられる仕事がしたい」という事がありました。

まだまだ今年で7年目、学ぶこともトライしたいことも新たな発見もまだまだ多く、ダイビングの夢は膨らむばかり!生涯現役インストラクターとして、おばあちゃんになっても潜って講習もガイドも続けていきたいです。

自分が続けることにより、ダイバーが増えたり、インストラクターが増えたりと、業界全体がさらに活性化するエネルギーの一つになれたら嬉しいなとも思いますが、まずは目の前のゲストを大切に、安全に楽しく水中世界という舞台で舞い続けたいと思います!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉田 麻莉さん ありがとうございました!

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第4弾> いかがでしたか?

ダンサーの世界から海の世界へ飛び込み、ダイビングを一生の仕事にしたいと吉田 麻莉さんは、とても元気で魅力的なPADI女性インストラクターでした!

これからのご活躍を願っています!

Woman in Diving

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADIのSNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

 

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

広告

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第3弾>

30 5月

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てています。

そこで、今回は「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」第3弾!

今回の第3弾は、山形県鶴岡市「アーバンスポーツ」のスタッフ 板垣 智美さ(821429- MSDT)を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

板垣さんは海洋専門学校を卒業後、鶴岡市立加茂水族館でクラゲ飼育スタッフ、アシカショーを担当していた経歴を持っています。アーバンスポーツ入社後インストラクターを取得。現場経験を積み、現在は女性としては珍しいテクニカルダイビングも担当し活動中です。

画像01

(ショッププールにてダイバー講習 )

・ダイビング業界で働くきっかけは?

私は地元の水族館で飼育員として働いており海と接する機会が多くありました。初めてダイビングした時こんなにすぐそばの海中が多様な生物であふれ水中に四季があることに驚きました。そしていつもは水槽で見ていた生物たちの目の輝きや表情が違うことに感動し地元の海や生物をより多くの人に紹介したいと思いダイビングのインストラクターになろうと決意しました。

画像02

(期間限定ポイント「四島」 水面休息中の楽しい時間)

・PADIインストラクターとしての<仕事のやりがい>は何ですか?

初めて水中世界体験したお客様に感動していただいた瞬間や、苦手だったスキルが1 つ1つできるようになった時の笑顔。その時私もお客様と一緒にその想いを分かち合うことができる素敵な仕事だと感じています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ショップレクチャールにてディープダイバースペシャルティコース)

また、私のアドバイスの1 つ1 つがお客様のこれからのダイビングに影響を与えるのだと思うと言葉を選び考えているその時に大きな責任とやりがいを感じます。

画像04

(リブリーザーダイブで排気音の聞こえない静かな世界)

・所属店「アーバンスポーツ」のこだわり、特徴、心配り気配りに気を使っていることなどは何ですか?

「アーバンスポーツ」では様々なお客様のニーズに応えるためナイトロックス、サイドマウント、ダブルシリンダー、テクニカルダイブ、リブリーザーダイブまでサービスを提供、特に県外からこだわりを持ったお客様に多くご来店いただいております。

私はオープンサーキットでのテクニカル部門を担当しています。テクニカルダイビングから毎回何気なく行っていた「浮上(減圧)」がこんなにも重要な部分を占めていると考えさせられました。通常のダイブガイド中は自分なりに潜水計画をたて、停止深度や停止時間などを組立しお客様を案内しております。

浮上する時は「常にゆっくり」なスピードを心がけていただき、安全のための停止中はお客様に笑顔で接するようにしています。

画像05

(サイドマウントダイバーとFUNダイブ)

・女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

女性だからと自分に甘えないように器材のオーバーホールから機材車の整備、タイヤ交換まで何事にも挑戦しています。アーバンスポーツで働き始めたことでできることが増え、体力もついた気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(新しい潜水スタイルを勉強中 目標はリブリーザーダイバー)

・これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

ダイバーになりはじめた頃は1本の空気シリンダーを背負って潜ることがダイビングだと思っていました。でも、ダイビングには色々なスタイルがある事を知り、今では経験したことのないダイビングスタイルに挑戦したいと思っています。小学生から年配の方まで自由に色々なスタイルのコースが提供できるインストラクターになりたいと思います。

ita-padi

板垣 智美さん ありがとうございました!

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第3弾> いかがでしたか?

地元の水族館で飼育員を経験し今は体験ダイビングからテクニカルダイビング部門まで担当している板垣 智美さんは、とても魅力的なPADIインストラクターでした!

これからのご活躍を願っています!

Woman in Diving

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADIのSNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

 

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

 

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第2弾>

16 5月

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てたいと思っています。

そこで、今回は「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」第2弾!

今回の第2弾は、千葉県千葉市「オーシャンドリーム」の代表 中尾 淳子さん(820723ID)を紹介します。淳子さんは20歳の頃からダイビングを始め、その後女性インストラクターとしてダイブリゾートに勤務、その後独立し、現在は経営者としてショップ運営、販売、講習・ツアーとマルチインストラクターとして活動中です!

DSC_0867

○ダイビング業界で働くきっかけは何ですか?

ショップオーナーにスカウトされて、嬉しくてその気になっちゃいました(笑)。それと同時期に、ダイビングでちょっと怖い体験をして、ダイビングって楽しいだけじゃないんだと知りました。こんな辛い思いを他の人にさせたくないと思って、ダイビングのスキルをしっかり伝えられるダイビングインストラクターになりたいと考えたのがきっかけです。

今は有難いことに夫婦でお店を経営していますが、もともとダイビングを始めたきっかけも、当時ダイブマスター研修中だった美樹さん(主人)が新婚旅行で潜りたいというので、言われる通りにCカードを取得しただけのリゾートダイバーでした。軽いノリで始めていますから、まさか私が千葉でバリバリ潜るインストラクターになるなんて夢にも思っていませんでした。ただ、「将来はダイビングで飯が食えたらいいなぁ」って夢を語る美樹さんが好きだったので何かお手伝いできるといいなぁと思っていたこと、ウエットスーツ姿が似合うとかカッコいいと言われたこと、潜るのがとても上手とか褒めてくれたインストラクターの言葉が嬉しくて、ダイビングの世界に飛び込みました。いろんな幸せな勘違いも良いきっかけになったと思っています。本当にインストラクターなって良かったと、天職だと思っています。

IMG_7725

(沖縄本島ダイビングの下見。視察も夫婦二人で潜ります。)

○PADIインストラクターとしての〈仕事のやりがい〉は何ですか?

「ダイバーになりたい」という人の夢を叶えるお手伝いができること。初心者からプロレベルまで幅広く、いろんな課題を克服するために、一緒に考え・努力して、できるようになった時の喜びと感動を共有することができる!こんなステキな仕事、他には無いと思っています。

そして、「こんな海に潜りたい」「この魚を見たい」「こういうふうに潜りたい」というダイバーの要望に答えることと同時に、私自身もいろんな海に潜りに行ける!お手伝いなのに大好きな海に行ける!それで人に喜んでもらえるなんて、やっぱりなんて幸せな仕事だろうと思います。それと共に、私の指導したスタッフたちと一緒に潜る時間が極上のご褒美です。

IMG_7722

(ホームグランド千葉・波左間にてゲストとスタッフAKIとの1枚)

 

○店のこだわり・特徴・心配り/気配りに気を使っていることなどは何ですか?

オーシャンドリームは、スタッフ同士がとても仲良しです。年一回スタッフお泊まり会をしちゃうくらいアットホームなお店であることがこだわりであり特徴です。海とダイビングが大好きな私たちだからこそ、誰よりもダイビングを楽しむように心掛けています。

スタッフの個性を生かした、フォト派ツアー、極小ウミウシ探しなどレアキャラツアーなど様々なツアーを企画・開催しています。ダイビングで楽しく遊んでいただくためにコースはちょっぴり厳しかったりしますが、ショップ内の案内役であるお店番長など、それぞれのスタッフが素敵な笑顔で活躍できるお店になるように心掛けています。

ダイビングは、私たちにとっては仕事でも、お客様には大事な旅行です。海を超満喫して頂きたいから、オーシャンツアーは現地滞在時間が長いのも特徴です。だいたい、私たちが海の現場で1番遅く帰る気がします。

みんなで仲良く声を掛け合って、ゲストもスタッフも笑いの絶えないお店になるように楽しく頑張ってます!

IMG_6734

(千葉エリアのインストラクターとの交流ダイビング)

○女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

本音はなかなか言えませんが…  重い荷物は力が無いから運ぶのが辛いです。男性の力が本当に羨ましいですが、これはどうしようもないので、笑顔で男性ゲストに手伝ってもらっています。ダイバーの男性は優しいですね。(笑)

ダイビングインストラクターならではですが、日焼け・シミ・ソバカスは気になります。日焼け止めがアレルギーのため塗れないので、UVカット・ブラックシリコンのマスクを着けていたら、ガラス面だけ本当に日焼けしなくて、マスクより外側部分が泥棒メイクのように焼けてしまいました。マスクはクリアシリコンの方が良いと思います。髪の毛も、すごく痛むのでお団子ヘアにしたら内側の髪の毛が痛まないので気に入っています。

あとは、いつも笑顔を絶やさないようにしています!

IMG_7727

(オーシャンドリームスタッフです)

 

○これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

女性コースディレクターが少ないようなので、頑張ってコースディレクターになってみたいと思い目指しています。千葉エリアはそれぞれのダイビングショップのインストラクター同士がとても仲が良く、仲間のインストラクターや当店のゲストが私の背中を押してくれました。やる気にさせてくれたことに感謝です。

IMG_4208

(千葉エリア・インストラクターでの富戸視察会)

海の潜り方、遊び方、ダイビング指導方法や器材についてなど、同じレベルで「感動」を共有できるインストラクターを育てて一緒に頑張ってみたいと思います。PADIコースディレクターを目指し、1人でも多くの方に上手なダイバーになってもらい、ダイビングの素晴らしさを伝えられる漫画ワンピースのDr.クレハのようなカッコいいババァイントラ目指したいです!

IMG_3862

中尾 淳子さん ありがとうございました!

IMG_7723

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第2弾> いかがでしたか? 経営とダイビングインストラクターを両立している中尾淳子さんは、とても魅力的なPADIインストラクターでした! これからもご活躍を願っています!

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADI SNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

 

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

 

 

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

来週は「PADIスクーバダイビングWEEK」

11 5月

PADIプロメンバーにみなさん 来週はスクーバダイビングの記念日です!

毎年5月24日は「スクーバダイビングの日」 そこで、PADIではこの「スクーバダイビングの日」をみんなで盛り上げようと、2018年 5月24日の「スクーバダイビングの日」を含む5月19日(土)から27日(日)「PADIスクーバダイビングWEEK」を実施いたします。

この期間にダイビングを楽しんだ方の写真とお名前を送っていただければ、デジタル版参加証をお送りします。

スクーバダイビングの日デジタル証書

さらに、この期間中にPADIコースを受講して認定された方の中から抽選で3名様に、水中ライト「ヴィーナスLED」が当たるチャンス!

ビーナスLEDライト

多くの方がダイビングを楽しんでいる姿を通して、ダイビングの魅力の拡散にもつなげていければと考えていますので、皆様、ぜひご参加ください!

◆実施期間:2018年5月19日(土)~5月27日(日)
◆場所:世界中のどこの海でもOK
◆対象:ファンダイビング、講習、体験ダイビングなど、ダイビング器材を身につけていればどなたでもOK

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GO TO SEA !

【参加方法】
期間内にダイビング器材を身につけた状態で写真を撮り、参加シートに必要事項を記入して、写真と共に送付してください(郵送またはメール。※参加書はFAXも可)。水中ライトのプレゼント抽選の対象は、参加シートの「内容」欄に、受講して認定されたPADIコース名が記入されていることが条件となります。2018年6月4日(月)必着です。

※送付先
株式会社パディ・アジアパシフィック・ジャパン 経営企画部 みんなで潜る「スクーバダイビングの日」係
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-1
TEL:03-5721-1731 FAX:03-5721-1735
E-mail:planning@padi.co.jp

※メールの場合、20MB以上のデータ量だと届かない場合がありますので、その場合はファイル転送サービスなどをご利用ください。

 

 

注意事項
・応募写真は、ご自身で撮影、または撮影者の許可を得たものに限ります。
・応募に際しては必ずご本人(被写体)の同意を得て、肖像権の侵害が生じないよう確認してください。被写体の知的財産権侵害、肖像権侵害等について、PADIは一切の責任を負いません。
・同一写真での応募は1 回限りです。
・応募写真は、ウェブサイトや雑誌等のメディアに掲載させていただく場合があります。
・デジタル版参加証は、参加シートに記入された代表者のメールアドレスに送らせていただきます。参加条件を満たしていない場合や、代表者に連絡が取れなかった場合はお送りできない場合もありますので、予めご了承ください。
・プレゼントが当選した際は、代表者に連絡をさせていただきます。

店舗掲示用のポスター素材を用意しましたので、ぜひご利用ください。
ダウンロードはこちら

5(ゴー)2(ツー)4(シー)= GO TO SEA !(海へ行こう!)

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

2018年 4月開催のIEで29 名のPADIインストラクターが新たに誕生!

1 5月

2018年 4月に沖縄 石垣島・奥武島、静岡 稲取、和歌山 白崎で開催されたIE(インストラクター試験)にて、新たに29名のPADIインストラクターが誕生しました!

合格した皆さん、おめでとうございます。 これからのご活躍を期待しています!

● 4月3日(火)~ 4月4日(水) 沖縄県 石垣島

20180403石垣IE修正済

間山 健一         (No.832279)

長尾 龍    (No.828727)

前澤 位江   (No.831854)

  新川 稜珠   (No.830419)

● 4月10日(火)~ 4月11日(水) 沖縄県 奥武島

20180410奥武島IE

KANG DA HYUN  (No.831994)

時任 滉介     (No.832030)

野澤 千鶴     (No.831311)

● 4月14日(土)~ 4月15日(日) 静岡県 稲取

20180414稲取IE

後藤 奈保子    (No.831050)

小島 遊       (No.832189)

太田 めぐみ    (No.831723)

興津 純      (No.830503)

藤田 哲治     (No.831716)

宮本 志功     (No.832132)

江目 広紀     (No.832061)

鈴木 康裕     (No.832323)

文田 有咲     (No.832179)

小幡 成植     (No.811729)

河野 真悟     (No.832229)

● 4月21日(土)~ 4月22日(日) 和歌山県 白崎

20180421白崎IE

大木 沙織   (No.831667)

柏原 岳人    (No.830394)

西島 黎      (No.831624)

高岡 樹矢    (No.831647)

久保 大地    (No.832263)

西村 明人    (No.832178)

村上 千島    (No.832159)

森上 篤     (No.830395)

松永 勇気    (No.832169)

岡田 達也    (No.832092)

高瀬 翔平    (No.832911)

PADI Cong

合格した皆さん、おめでとうございます。 これからのご活躍を期待しています!

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

GW直前!安全管理の徹底をお願い致します!

24 4月

すっかり暖かい日が続いている今日この頃、メンバーの皆様にとって多忙な時期と存じます。

もうすぐGWが始まりますが、PADIプロメンバーのみなさま ぜひ無理をせず、安全管理を万全に、怪我の無いようにご活動下さい。

近頃はシニア層のダイバーだけではなく、40代前後での健康トラブル、健康な方の突発的なトラブルも増えております。GWのこの時期は今年初めてのダイビングをする方がたくさんいらっしゃいますので、久しぶりに潜る初日1本目のダイビングは特にご無理の無い様に、海の水温もまだ低いこの時期、体慣らしの準備運動、ウエットスーツの締め付け緩和の為の水慣れ、入水前の水分補給などを充分に行ってからの活動を現場スタッフ間でも確認して下さい。

padi%e3%80%80diver

■今一度『安全管理の徹底』と『緊急事態への備え』をご確認下さい。

*無理のない計画と安全ルールに沿った行動

*少しでも迷いが生じた場合には慎重で控えめな行動

*保険のご加入、緊急用器材や酸素キット、緊急手順のご確認

*お客様のストレスの程度の見極め

*ダイビング前の水なれの時間などを設けお客様のストレス軽減等々、十分なご準備と実行をお願いいたします。

WOMANS①

■万が一事故発生時の対応と緊急連絡先についてお知らせします。
意識不明、病院への搬送等、ダイビング中の重大事故発生時の対応については、PADI営業担当へご一報いただきますよう、よろしくお願いいたします。

<緊急連絡先PADI営業部 各エリア担当RMへ連絡>

PADIジャパン(TEL:03-5721-1731)に連絡ができない営業時間外、土日・祝日の場合には、営業担当が緊急時の対応をサポートいたします。万一の事故発生時の緊急連絡先は以下の通りです。

・東日本担当:小林(携帯:070-1259-5902)

・中日本担当:橘川(携帯:070-1259-5893)

・西日本担当:納富(携帯:070-1259-5898)

・沖縄担当:河井(携帯:070-1259-5901)

尚、お電話を頂戴した際、状況により出られない場合がございます。 その際は、お手数ではございますが、お名前(ご登録店の皆様の場合は店舗名も)、メンバーNoとご用件を留守番電話に残してくださいますよう、お願い申し上げます。 後ほど折り返しご連絡いたします。

緊急連絡先メールアドレス:営業部 メール:sales@padi.co.jp

flotinthesea

<事故発生時の対応>

・事故発生時にはすべてのダイビング活動を中止する

・事故者の救援を優先し、周りの人に連絡を頼む(救護活動や緊急先への連絡)

*自店、利用ダイビングサービス、警察(TEL:110)、海上保安庁(118)、消防署(119)、病院など

・その際、応援してくれた又は目撃した等の人の名前・連絡先を聞いておくよう誰かに頼む

・事故者器材の残圧をチェック、ダイビングコンピューターから見られるプロフィールを記録

・被害者家族への連絡

※PADI以外の保険加入の場合は、その保険会社にも連絡
※減圧症の疑いがある場合はDAN JAPANにも連絡

<事故報告書、今後の対応について>

事故報告書の提出 (PADIプロサイト内⇒各種書式⇒その他に掲載)
※事故の状況にもよりますが警察や海上保安庁等からの事情聴取があります。事故詳細(できればバディや参加者、目撃者の証言も含め)を記憶の新しいうちにレポートにしてまとめておくことが必要です。

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第一弾>

19 4月

Woman in Diving

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てたいと思っています。

そこで、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をスタートします!

第一弾の今回は、神奈川県横浜市「ダイビングプロジェクト ジック」のスタッフ 成瀬ながれ さん(810727MD)を紹介します。ながれさんは20歳の頃から女性インストラクターとしてダイビングショップに勤務しており、現在は中学生と小学生の二児の母。途中、産休もありましたが30代後半から一念発起して再びダイビングの仕事に復帰!現在はママインストラクターとして活動中です!

ながれ さん

成瀬ながれ さん

  • ダイビング業界で働く動機・キッカケは?

高校一年生の時に伊豆大島でC カード取得しました。人と接することが好きで、ダイビングがとても好きなのでインストラクターを目指しました。

今のSHOPは当時、某ダイビング雑誌の求人欄をみてスタッフとして応募したのがキッカケです。

夏休み 小笠原にて

夏休み・小笠原ツアー

  • 一度退職後、現場復帰を希望した経緯は何ですか?

復帰前はすっかり海から離れて異業種でパート勤務をしていました。

又、当時は子育てしながらダイビングの仕事に復帰するなんて想像もしていませんでしたし、子供がいて都市型ショップで仕事をするなんて絶対無理だと思っていたのです・・・。

そんな中、30代後半の時に父が他界し、そこから自分の今後の生き方について考えるようになりました。いわゆる<人生の転機>だったのだと思います。(ちょっと大袈裟かもしれませんが)

自分の好きなことをしながら日々を大切に過ごしたいという想いが強くなり、それが自然とダイビング業界復帰の流れに繋がっていきました。そうは言っても自分の想いや力だけでは何ともならないので、ブランクの長い私を受け入れてくれたショップのオーナー、相談にのってくれたインストラクター仲間、そして背中を押してくれた家族にはとても感謝しています!

  • 2度目のPADI IE(インストラクター試験)を受験する事に対しての印象は?

正直、IDC(インストラクター開発コース) からIE(インストラクター試験) 合格まではストレスの塊でしたね・・・怒涛の数か月間でこの頃の記憶が殆どありません・・(笑)

過去にインストラクターで活動していたとはいえ、約12 年のブランクという月日は想像以上に長く全てが浦島太郎状態・・・。PADI 規準はもちろんのこと、プログラムも全て一から勉強し直し。(しかもPC が苦手なうえ、自分の頭も固くなっていて大変でした)

さらに<出来て当たり前・合格して当たり前>という焦りとプレッシャーの中、家事や子育ても同時進行。・・・今思うと、かなり精神的に病んでましたね(笑)

ただ、終わった今だからこそ言えるのですがIDC&IE を受け直したのは正解でした。まずインストラクター資格が戻ったことで仕事の幅が広がったこと。

そして再IE だからこそ余計に感じるのかもしれませんが、20 年前にIE を受けた時とは自分の感じ方、受け止め方が変わり、エグザミナーの方の話す言葉一つ一つが重く、大きな刺激となりました。

ここには書ききれないくらい色々な思いがいっぱい詰まった価値ある再IE だったと思います。悩んだ時もありましたが思い切ってチャレンジして本当に良かったです!

  • PADI インストラクターとしての<仕事のやりがい>は何ですか?

そうですね~、やりがいを感じる場面は沢山ありますよ!(笑)

改めて考えてみましたが、やっぱり単純に<お客様が笑顔で喜んでくださったとき>に最大のやりがいを感じます!

それからこの仕事はお客様と寝食を共にすることが多いので人間関係も必然的に濃くなります。その中で、仕事という枠を超えてお客様と同じ想いや感動を共有し、絆が深まったと感じる瞬間が一番幸せです。

特に私はダイビングから離れていた期間も長いので、昔の自分よりも今の自分の方が断然仕事の面白さややりがいを感じています。本当に今が一番楽しいです!

中国人OWD

中国人オープンウォーターダイバーコース

  • 女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

女性だからと言う理由で特別な苦労を感じたことはありませんが、 力や体力面では男性に勝てません。 20代の頃はかなり無理をして頑張っていた時もありましたが、 今は知恵を働かせてみたり、無理せず遠慮せず周りの人の力も借りながら 乗り切っています!(笑)

これこそこの仕事を長く続けていくための秘訣かと・・・(笑)

秋の小笠原ツアー

秋の座間味島ツアー

  • これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

まずは今後も家庭と仕事のバランスを大切にしながら息の長いインストラクターを目指していきたいと思っています。そして「普通の主婦で子育てしながらでもダイビングの仕事ができる」という全国のPADI女性インストラクターの励みや参考になれば嬉しいです!

加えて、今までほとんど気にしてこなかったインストラクターとしてのステップアップも最近は意識し始めたのでこれから合間をみて勉強を始めようと考えています。 まだまだ勉強足らずなので、今後も色々な経験を積み重ねながら自分らしく活動していきたいと思っています。

大学のキャンパスで説明会

大学のキャンパスで説明会を開催

成瀬ながれ さん ありがとうございました!

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第一弾> いかがでしたか? 主婦業とダイビングインストラクターを両立している成瀬ながれさんは、とても魅力的なPADIママインストラクイターでした! これからのご活躍を願っています!

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADI SNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。