アーカイブ | 10月, 2013

TECセミナーの第2回が開催されました!

24 10月

TECセミナー1

10月23日にPADIジャパン・レクチャールームにて、TECセミナーの第2回が開催されました。

《スティングレイ・ジャパン》の野村さんに持ってきていただいた、いくつかのメーカーのテクニカル用のBCに興味津々だった参加者の皆さん。メジャーな器材メーカーでもサイドマウント用BC開発の動きがあり、今後が楽しみです。

《スティングレイ・ジャパン》の野村さんに持ってきていただいた、いくつかのメーカーのテクニカル用のBCに興味津々だった参加者の皆さん。メジャーな器材メーカーでもサイドマウント用BC開発の動きがあり、今後が楽しみです。

9月に開催された第1回では「PADI TecRecプログラム全体の概要」と「世界と日本のテクニカルダイビング事情」がテーマでしたが、今回はさらにテクニカルダイビングについて掘り下げ、ビジネスに直結した話と、サイドマウントについて詳しく解説。日本のダイビング環境を踏まえたうえで、いかにお客様にスムーズにテクニカルダイビングを楽しんでいただくかが話し合われました。「ディスカバー・テック」や「テック・ベーシックス」、「セルフリライアント」の活用の仕方や、サイドマウントの特徴/メリットについても参加者による意見交換が行なわれ、充実したセミナーとなりました。

これから広がりをみせることが期待されるテクニカルダイビングですが、大切なのは「インストラクターがしっかりと経験を積むこと」。それにより正しい考え方をお客様に伝えていくことが重要と、今回のセミナーでも再確認されました。

11月13日(水)のTECワークショップでは、実際に水の中に入り、テクニカルダイビングを教える上でポイントになりそうな点について確認しますので、興味のあるプロメンバーはぜひご参加ください。

ワークショップの詳細および申し込みはこちら
https://www.padi.co.jp/pj_pros_site/jump.asp?linkid=12150

 
 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

広告

メンバー勉強会を10月5日に開催しました!

7 10月
PADIジャパン地下レクチャールームでは、8名のプロメンバーが参加。

PADIジャパン地下レクチャールームでは、8名のプロメンバーが参加。

メンバー勉強会が10月5日(土)に開催。沖縄オフィスともSkypeでつなぎ、18名のプロメンバーにご参加いただきました。

下期のテーマは「レスキュー・ダイバー・コースの徹底検証」。レスキュー・ダイバー・コースについての考え方や、コースの基本的な開催方法についてなどが話し合われました。参加者の皆さんからさまざまな意見が出され、活気にあふれた勉強会に。「マスタリーのポイントがつかめた」、「レスキュー・ダイバー・コースは開催の機会が少ないので、いろいろと考えるいいきっかけになった」などと好評でした。

メンバー勉強会は、今年は残すところあと2回。11月19日(火)と12月3日(火)に予定されています。プロメンバーの皆さん、ぜひご参加ください。

メンバー勉強会の日程やお申し込みはこちらから

https://www.padi.co.jp/pj_pros_site/jump.asp?linkid=12150

沖縄オフィスでは10名のプロメンバーが参加。東京とSkypeでつないで行なわれました。

沖縄オフィスでは10名のプロメンバーが参加。東京とSkypeでつないで行なわれました。

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

2014年メンバーシップ更新手続きがスタートしました!

3 10月

メンバー更新

2014年メンバーシップの更新手続きがスタートしました。

来年度『保険タイプの変更・新規加入』など、今現在と異なるステータスで更新を希望される方、また残念ながら『更新しない』方も手続きが必要となります。オンラインでも更新手続きが可能ですので、ぜひご利用ください。

────────────────────────────────
手続きの締切りは、10月15日(火)です。
────────────────────────────────

更新お手続き画面はこちらから
※PADIプロサイトへのID、パスワードが必要です。

※郵送による更新書類は9月26日に発送しております。
※オンラインで手続きを済まされた方は、お手元に郵送される更新書類での手続きは不要です。

メンバーシップ更新についてご不明な点がございましたら、メンバーシップサービスまでご遠慮なくお問合せ下さい。

トレーニング&クオリティ・マネージメント部 メンバーシップ・サービス
メール: membership@padi.co.jp

 

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。