アーカイブ | 7月, 2018

PADI Women’s Dive Day 2018 報告

31 7月

2018年7月21日(土)は「PADI Women’s Dive Day 2018」

ダイビングを楽しむ女性を応援するため、毎年世界全体で行なわれているイベント

2018年は全世界104カ国で1,000を超えるイベントが登録され、日本でも過去最高の29のイベントが登録・実施されました!

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。イベントを実施したPADI登録店から届いた写真を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊豆大島Fish Island Crew オープンウォーターダイバーコースのお二人♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊豆大島Fish Island Crew 体験ダイビング

Fish Island Crew①

伊豆大島Fish Island Crew エンリッチドエアダイバーSPコース♪

 

DCIM105GOPRO

八丈島 比三一ダイバーズクラブの皆様♪ 総勢8名でハイ・チーズ (*^^)v

 

Jic③

横浜 ダイビングプロジェクトジック オープンウォーターダイバーコースのお二人♪

Jic④

横浜 ダイビングプロジェクトジック オープンウォーターダイバーコースのお二人♪

Jic ①

横浜 ダイビングプロジェクトジック 初島ファンダイビング

Jic ②

横浜 ダイビングプロジェクトジック 初島ファンダイビング With Mens(笑)

スキューバダイビング クレセント With Mens(笑)

PADIアジア・パシフィック・ジャパン With Mens(笑)

毎年、世界中のダイバーがPADI Women’s Dive Dayのために海に集結し、「海への愛」と「ダイビングへの情熱」という共通点から絆を深めてきました。

楽しさ、冒険、友情にあふれた1日を通して、女性ダイビングコミュニティの更なる強化と支援を目標に、これからもPADIは引き続き、世界各地で浸透しつつあるこのイベントを開催します。

WomanDiveDay2018

来年2019年もこのイベントを開催しますので、皆様ぜひご参加してください!

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

広告

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第6弾>

26 7月

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てています。

今回は「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」第6弾!

今回の第6弾は、大阪府池田市「ダイビングスクール イオ池田校」の店長 奥村 亜矢子さん(PADI Masterインストラクター)を紹介します。アヤさんは琵琶湖の沖島の漁師の娘さん!  海好き・山好き・旅行好きで、世界へ一人旅が大好きなバイタリティーあふれるPADI女性インストラクターです。

Mares SSI XR Team at Lake Baikal

(ロシアの世界遺産 バイカル湖に水着で挑戦!)

1、ダイビング業界で働くきっかけは?

私は子供のときから『イルカが一番好き』でした。イルカの調教師を目指し入学した専門学校で、OWのCカード取得の授業が私の初めてのダイビング。

その時に教えてもらった先生や先輩たちが、めちゃめちゃかっこよくて☆

あんなカッコイイ仕事をしたいなーと、ミーハーな気持ちでした(笑)

同級生たちと潜るうちに、水の中という楽しさにどっぷりハマって、『ダイビングが一番好き!』になったのでインストラクターになろうと思いました。

school 生徒と2人水中シーン

(講習は楽しく・やさしく・しっかりと!)

DCIM100GOPROGOPR0890.JPG

 

2.PADIインストラクターとしての<仕事のやりがい>は何ですか?

お客さんと一緒に潜れること☆これが一番楽しいです!講習やファンダイビングに限らず、『これが出来た!』『これが見れた!』『キレイ!』『何これ??』といったいろんな感動や不思議が水中にはいっぱいあって、それを一緒に共有できることかな(^^)

お客様5人とボート上

(ボホールツアーでお客様とハイチーズ)

3.こだわり、特徴、心配り/気配りに気を使っていることなどは何ですか?

私のこだわりは、『冒険心』です。ダイビングを始めたころのドキドキワクワクする気持ちを、いつまでも持ち続けたい!そのためにお金を貯めて、一人旅でパァ~っと使ってます(笑)

kilimanjaro登頂記念写真

(2013年 アフリカ キリマンジャロ登頂記念)

◎ 南アフリカで『初・欧米風ダイビング&ホオジロザメケージダイブ』

◎ タンザニアで『キリマンジャロ登頂&ザンジバルでダイビング』

◎ アイスランドで『オーロラ&シルフラ&北極海ダイビング』

iceland 透き通る水中

(アイスランド 「シルフラ」でダイビング!)

◎ ロシアで『バイカル湖でアイスダイブ』と、どれもドキドキワクワクのダイビング経験でした。

baikal 氷下ダイビング横

(ロシア バイカル湖の流氷ダイビング!)

baikal 氷下ダイビング正面

お客さんにもこんなドキドキワクワクをしてもらえたら…と、いろんなツアーや経験を考えたり、水中でワクワクを探しています☆

 

4.女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

『日焼けはお肌の大敵』!ですが、私は日焼けは気にしません!!むしろ焼いてます(笑)
だって日焼けしてるとカッコイイでしょ☆ 力仕事は無理をせず、体力だけは男性にも負けないように、近所の山を歩いて体力作りをしています。

よく食べ、よく動き、よく寝る、で忙しい夏も乗り切っています。

『楽しく仕事をする!』のが一番の対処法です!

ケラマ 浜店前集合写真

(イオ池田校のお客様と沖縄ケラマ ダイビングツアー)

 

5.これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

今までの私の経験を生かして、私にしか出来ないダイビングツアーを開催したいです。

昨年は『スコットランド・ウバザメツアー』を開催しました!次はバイカル湖ツアーがしたいな!

okishima 水面

(故郷の滋賀県琵琶湖)

そして、私の出身地は琵琶湖・沖島です。その沖島に滞在し、琵琶湖で潜り、美味しい湖魚料理を食べるという『沖島ツアー』も開催しています。

okishima 水中海藻

(琵琶湖の水中)

車もコンビニもない島で、田舎度合いは日本一だと思ってます(笑)

ダイビングインストラクターという仕事を、沖島の活性化に役立てたいです。

(ダイビングスクール イオ 池田校 奥村亜矢子さん)

フル装備

奥村亜矢子さん ありがとうございました!

 

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第6弾> いかがでしたか?

ダイビング女性インストラクターそして冒険家として、世界中の海・山を楽しんでいる奥村亜矢子さん。これからも末永く、元気で明るく、魅力的なPADI女性インストラクターとして楽しくお仕事を続けてください!

これからの益々のご活躍を期待したいと思います。

WomanDiveDay2018

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADIのSNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

「PADIスクーバダイビングWEEK」2018年報告

19 7月

「スクーバダイビングの日」をPADIダイバーのみんなで盛り上げよう!「PADIスクーバダイビングWEEK」2018年 5月19日(土)~27日(日)にたくさんのダイバーがご参加いただきました!

ScubaDivingWEEK証書

日本国内の主要なCカード発行組織によって構成されている「レジャーダイビング認定カード普及協議会(Cカード協議会)」では、スクーバダイビングのさらなる普及と、夏のハイシーズンを前に控えたこの時期に安全意識を啓発することを目的とし、毎年5月24日を「スクーバダイビングの日」として申請。2015年に一般社団法人日本記念日協会に正式登録されました(詳細はこちら

その「スクーバダイビングの日」を盛り上げようと、PADIでは今年、「PADIスクーバダイビングWEEK」を設定し、5月24日の「スクーバダイビングの日」を含む5月19日(土)から27日(日)の期間にダイビングを楽しんだ方の写真とお名前を送っていただき、デジタル版参加証をお送りしました。今年は今まで一番多くの140枚の写真をいただきました!

コラージュ画像にして皆さんにご報告いたします。

2018証書コラージュ用1

2018証書コラージュ用2

2018証書コラージュ用3

2018証書コラージュ用4

2018証書コラージュ用5

2018証書コラージュ用6

2018証書コラージュ用7

2018証書コラージュ用8

ご参加いただいたPADIダイバーの皆様 ありがとうございました!

 

そして、このブログをご覧いただいているPADIダイバーのみなさま、ぜひ、来年の「PADIスクーバダイビングWEEK」もたくさんのPADIダイバーの皆さんのご参加をよろしくお願いします!!

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第5弾>

9 7月

PADIではダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てています。

今回は「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」第5弾!

今回の第5弾は、東京都西東京市「カイラルア」のスタッフ 後藤 かな子さん(PADI IDCスタッフインストラクター)を紹介します。

かな子さん 楯

かな子さんは、「PADIオープンウォーターダイバーコース」から現在のランク「IDCスタッフインストラクターコース」までのすべてのコースをカイラルアで受講してきた、生粋のカイラルアっ子!

10代でダイビングインストラクターになったカイラルアの超若手ホープです。

PADIビジネスシンポジウムで2018年度「GO PRO チャレンジ賞」を取得されました。

①  ダイビング業界で働くきっかけは?

ダイビングを通してたくさんの人と出会えること、生物との一期一会の出会いがあること、多くの出会いがあるこの仕事の魅力に惹かれたからです。また、ダイブマスターの時からダイビング業界の先輩方にもたくさん声をかけて頂き、これからのダイビング業界を担っていくよう大きな期待をして頂いています。その期待に応えたい、というのもこの業界に入った大きなきっかけです。

レクチャー風景 OWD

(苦手な笑顔も自然に出るように)

陸上 バディ 雪道

(流氷ツアーに向けて本栖湖で練習)

② PADIインストラクターとしての「仕事のやりがい」は何ですか?

ダイビング中にお客様が笑顔になる時、楽しんでいることが伝わってくると心の底から良かった、と思います。同じくダイバーである私の母親の様子を見ていて、お客様が忙しい仕事の合間を縫ってツアーに来るというのがどれだけ貴重で、私たちにとってありがたいことなのかわかるので、その時間をより充実したものに出来るとやりがいを感じます。

EAD SP 店内

(ど緊張中~先輩方に教えることも)

そして、私自身が大好きなダイビングをお客様が楽しんでくれると嬉しいです。水中 バディ とまれ

(オープンウォーターダイバーコース)

③ 貴店のこだわり、特徴、心配り、気配りに気を使っていることなどは?

私が勤めているカイラルアではお客様が一人前のダイバーになることを第一に、講習はもちろんツアーでもダイビングの楽しさ、さらに危険性についてもしつこいくらいに伝えています。安全性を高めるために、初心者、ベテラン関係なく人数比は1:2。マンツーマンでツアーに出ることも頻繁にあります。お客様がダイビングを楽しみつつ、確実にスキルアップしてどこの海も不安なく潜れるようになるために、スタッフ一同尽力しています。コース・ディレクターのオーナーはじめ、インストラクター全員が向上心と好奇心を持ち、クオリティを上げるため努力をしています。

水中バディ ナマコ

(唯一の年下の後輩プロダイバー養成中)

水中 バディ①

(少人数だからこそ、お客様のペースで)

④ 女性インストラクターならではの仕事の苦労や対処法などはありますか?

女性だから、という点で苦労をしたことはありません。ただ、年齢がまだ若く経験が足りていない所をいかにして知識で補うか、というところは意識しています。

未熟な私のために、カイラルアのスタッフ以外にも現地のサービスのスタッフの方々や、他のショップの方々にたくさんのアドバイスをいただいていることが知識を補う部分でとてもプラスになっていると思います。これは、感謝の一言に尽きます。

カウンターレクチャーお客様2名

(学科講習もしっかり!)

また、ゲストの方に一緒に潜る時に不安を感じさせないように陸上でのケアにも気を配り、少人数ならではの密度の濃い時間を提供出来るように日々勉強し続けていくことが大切だと思っています。

EFR講習

(笑顔を忘れずに♪)

⑤ これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください

今年の4月でインストラクターになってから1年が経ち、2年目に入りました。1年目より色々な面で成長していけるように、同じ失敗を繰り返さないことを意識したいと思っています。お客様のニーズに応えて、満足度を上げられるようたくさん知識や技術を吸収し、自分のものにしていきたいと思います。また、活躍している同年代のインストラクター達にもたくさん刺激を受けています。数は少ないですが、お互いに切磋琢磨をして若い世代で業界を盛り上げて、長くダイビングの仕事を楽しめるよう頑張りたいと思います!

水中単独 砂地サークル

(本栖湖、湧き水のクレーターで)

かな子さん 単独

(潜る前のワクワクの笑顔!)

後藤かな子さん ありがとうございました!

 

海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第5弾> いかがでしたか?

ダイビング女性インストラクターとして、お店だけでなくダイビング業界全体の若手のホープとしてご活躍を期待したいと思います。これからも末永く元気で明るく、魅力的なPADI女性インストラクターとして楽しくお仕事を続けてください!

これからのご活躍を願っています!

WomanDiveDay2018

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADIのSNSやプロブログで継続して紹介情報を発信していきます。

 

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。