2019 海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第一弾>

11 3月

WID_top

PADIでは、「ダイビングをもっと楽しみたい!」という女性の皆さんのために、ダイビングを楽しむうえで役立つさまざまな情報をお届けする「PADI Women in Diving」特設ページを開設しています。

そこで、ダイビングを楽しむ女性ダイバーを応援するために「PADI Women in Diving」の一環としてPADI女性インストラクターにスポットを当てた企画 「2019 海で輝くPADI女性インストラクター紹介」を今年2019もスタートいたします♪♪♪

2019第一弾の今回は、神奈川県藤沢市「パパラギダイビングスクール」のスタッフ内田 綾乃さんを紹介します。

綾乃インストラクターは天真爛漫で面倒見の良いパパラギのグルメ女子部長。ダイビングだけでなく、陸上まで思いっきり楽しみ、一日中笑顔で過ごせる女性インストラクターです!

FUT_9423

パパラギダイビングスクール 内田 綾乃さん

①ダイビング業界で働く動機・きっかけは何ですか?

看護師2年目に沖縄旅行へ行った際に、初めて体験ダイビングをしました。

目の前に魚が泳いでいることに感動、旅行から帰ってきてすぐ友人と一緒にパパラギへ行き、ライセンスを取得しました。

初めは趣味として始めたダイビングでしたが、パパラギスタッフがみんな仲良く、楽しそうにお客様と潜っている姿を間近で見ていて、いつか私もその仲間になりたいと思い、気がつくとOWSI(オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター)まで取得していました。看護師4年目でこれからという時期でしたが、今転職しないとパパラギスタッフにはなれないと思い、退職2日後にはパパラギスタッフになっていました!

たくさんのツアーや講習を担当して、スタッフとなった6年目に結婚、その後妊娠しました。妊娠したらダイビングの仕事を辞めなくてはいけないと思っていましたが、ダイビングインストラクターとして海へ行くだけがこの仕事でないことをスタッフから教えてもらいました。そして子供を連れて来ても大丈夫なように、職場にベビーベッドを用意してくれ、今は子供をおんぶしながら本社で企画の仕事をしています!

FUT_9418

職場にベビーベット設置で安心♪

②PADIインストラクターとして「仕事のやりがい」は何ですか?

ダイバーを認定し、その後もずっとダイビングを楽しんでる姿を見ることです。今はお客様がパパラギを利用して、ダイビングが楽しみ!と思ってもらえるお手伝いをしていることです。

923_9747

 バディチェック♪

③インストラクターとして女性だからこそ仕事で苦労したことはありますか?

海へ行ってた頃の苦労は日焼けと体力の面です。

ダイビングインストラクターだから日焼けすると恐れていましたが…

・こまめに日焼け止めを塗る

(私が使っていた日焼け止めは大容量のもので、お高いものは使いません。いや…すぐに無くなるので、買えません…笑)

・帽子を被る

(先輩からもらった探検隊帽子パパラギverをずっと被ってました)

・日陰をみつけ、そこにいる

(一番大切!焼けてる男性スタッフは日焼けしに太陽を必要以上に浴びてると思いました)

おかげで、リゾートツアーで出かけてもあまり日焼けすることなく、本当に海へ行ってたのかビックリされてました。

また、お店では女性のお客様から日焼け対策をよく相談されていました!

体力の面では、お客様を支えられるか不安に思っていたので、私が手を出す前に自分で対処できるダイバーを育てようと考えていました。

危険があるところでは声をかけ、私が支える前に対処できる方が増えた気がします。私は声が大きいので、遠くから叫んで注意喚起していました。

 

④ダイビング以外の趣味や好きなことは何ですか?

趣味を持とうと思い、始めたダイビングでした。

それが仕事になったので、今でも趣味はダイビングです。

ayano-1

好きなことは喋ることです。

お客様やスタッフ、家族。時間があるとずっと喋っている気がします。

産休中は話す相手がいなかったので、その反動なのか仕事復帰してからはより一層お喋り好きになりました。

 

➄インストラクターとして仕事の喜びや目標にしていること・夢は?

パパラギに来ていただいたお客様と海で一緒に過ごすことが喜びです。

私は潜るだけがダイビングではないと思っており、一緒にセッティングする、一緒にお昼ごはんを食べながら喋る、イベントごとがあったら一番楽しむ!ことを大切にしていました。

パパラギスタッフになってから、お餅をついたり、イカをさばいたり、フラダンスをしたり、と初めて体験することが多かったです。

お客様と一緒に全力で楽しんだことがいい思い出です!

子供がもう少し大きくなったら、お客様とまた一緒に海へ行き、楽しみたいなと思います!

その前にリフレッシュコースを受けないと行けませんが…

 

⑥これからPADI女性インストラクターを目指している方へアドバイス

ダイビングインストラクターはまだまだ男性が多いかもしれません。

ただ、私たち女性にしか出来ないことがたくさんあります。

だからこそ、女性インストラクターは居なくてはいけない存在だと思います。

体力がなくなったから…妊娠したから…でこの仕事を手放すのはもったいないですし、海と関わる仕事は潜るだけではない。

私は実際に体験して、そう感じました。

 

⑦これからのご自身の女性インストラクターとしての目指すキャリアを教えてください。

今は全力で企画の仕事を全うしていきたいです。

以前はお願いしていたことが、今は受ける立場になり、こんなに大変なことをお願いしていたのかと反省する部分が多いです。

現場でスタッフがより良く仕事ができるように、なおかつお客様の笑顔のために、今の仕事は大切だと感じています。

FUT_9422

子育てしながらダイビングインストラクター♪♪

職場へ子供を連れて来ていい環境を作ってくれて、私を迎え入れてくれたパパラギに感謝いっぱいです。

お客様の中にも子供が出来て、ダイビングから遠ざかってしまった方は多くいると思います。家族みんなで海へ行き、親はダイビング、子供は海岸生物観察会をして、年齢問わずに楽しめる場を提供できたらいいなと感じます。

パパラギダイビングスクール 内田 綾乃さん ありがとうございました!

 

Boracay

2019海で輝くPADI女性インストラクター紹介 <第一弾> いかがでしたか?

子育てとダイビングインストラクターを両立している内田さんは、とても魅力的なPADIママインストラクターでした! これからのご活躍を願っています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビングを楽しむ女性の皆さんを応援するこの企画、PADIでは、「海で輝くPADI女性インストラクター紹介」をPADI SNSやプロブログで継続して情報を発信していきます。

PADI女性インストラクターのみなさま、自薦・他薦は問いませんので、ぜひPADIスタッフへ声をかけてください。(すべて掲載されるわけではありません)

women-in-diving-2018

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。