アーカイブ | 7月, 2019

ダイバーにしかできない水中クリーンアップ活動を強化しましょう!

2 7月

デブリ

海洋汚染を深刻化させるプラスチックごみについて議論された『G20大阪サミット』も閉幕し、これから海の日(7月15日)や梅雨が明けてのシーズンを迎えるにあたり、我々ダイバーにしかできない水中クリーンアップ活動をさらに強化推進したいとPADIは考えております。

具体的に水中でのクリーンナップ活動ができるのは私たちダイバーの特権であり、使命でもあります。 今後、クリーンナップ活動の強化を全国のPADIメンバーの皆様の力で実施頂くことをお願いします。 全国の海、フィールドで、PADIジャパンのスタッフとPADIのプロメンバーが率先してAWAREクリーンナップ活動を実施し、社会的貢献とダイバーの価値向上に役立てていきましょう!

そこで、Dive Against Debrisスペシャルティ・インストラクター資格取得とダイバー認定を行っていただくと、Dive Against Debrisメッシュバッグを進呈いたします。

デブリBag

*このDive Against Debrisメッシュバッグは、75%の素材がPET再生品で作られています。

●対象者 : (1)Dive Against Debrisインストラクター資格をお持ちで、

Dive Against Debris SPダイバーを認定したインストラクター。

(2)Dive Against Debris SP認定を受けたダイバー。

●対象認定日 : 2019年7月1日(月)~2019年12月31日(火)

*インストラクターへは、お一人につき1点のみの進呈となりますので予めご了承ください。

*SP認定を受けたダイバーの方へは、認定カードと同梱して指定配送先へ発送いたします。

このメッシュバッグは水中のゴミ拾いはもちろん、3点セットの持ち運びにも非常に便利です。まだSP資格整備をしていないインストラクターも、ぜひこの機会に『AWARE Dive Against Debrisインストラクター』資格整備もぜひご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
2019年7月1日掲載:ダイバーにしかできない水中クリーンナップ活動を強化しましょう!

 

AWARE

改訂版Project AWAREスペシャルティも合わせてご活用ください!

「海洋プラスチックゴミ問題」、「ゴミを出さないこと・減らすこと」、「3Rを発展させた5R」など、近年の問題となっていることを網羅し、「海の惑星を守るためにダイバーができる10のこと」をベースに環境問題を参加者に伝え、実践していただくきっかけを作ります。 「Dive Against Debris」と合わせて、冬の時期や飛行機移動前のダイビングをしない日、地元の学校やコミュニティなどでの講演など、ぜひこの改訂版Project AWAREスペシャルティをご利用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
2019年7月1日掲載:改訂版Project AWAREスペシャルティ・アウトラインのリリースについて

Claustrophobia-for-First-Time-Divers②-

 

※下に広告が表示されることがありますが、PADIが意図して入れているものではありませんので、アクセスにはご注意ください。

広告